PAGE TOP

VOICE

社員の本音

ロボット産業の大きな可能性を感じて

小坂 一平

生産部 調達課|宇部工業高等専門学校

MADOKA 今のお仕事内容を教えてください。

私は、生産部調達課に所属しており、主な仕事内容は、機械製作部品の発注を行っています。

取引先である製作会社の特性を活かしながら、同時に少しでも製作単価を安価に抑えられるように打ち合わせと交渉を重ねて、組立部隊に部品を供給しています。

学生時代の専攻を教えてください。

宇部工業高等専門学校の機械工学科に在籍していました。

ここでの実習で旋盤や溶接などの工作機械を実際に体験してきたことは、取引先である製作会社との交渉において、専門的な知識、用語等を理解するうえで大変役に立っています。

MADOKA 不二輸送機工業に入社を決めた理由を教えてください。

地元、山陽小野田市から世界へ

ロボット産業はこれからの時代に、大きな可能性を秘めていると思います。

また、地元の山陽小野田市からグローバルに展開し活躍していることにも関心を持ち、入社を決めました。

MADOKA お仕事の中で、印象に残っているエピソードを教えてください。

生産部全体が一丸となって乗り越えた!

ひとつは、取引先である製作会社へ出張して、生の現場を見たとき、社内だけではわからない職人の方たちのこだわりと努力を肌で感じることができたことです。

もうひとつは、会社全体が多忙な時期に、自分の仕事だけでなく、課の垣根を越えて協力し合ったことです。

生産部全体が一丸となって乗り越えたことで達成感を感じることができました。

MADOKA 仕事の中でのこだわりや、心がけていることは?

責任を持ちやり遂げる事

仕事をする上で大切なことは信頼関係だと思います。そのためにも、任せられた仕事は責任を持ちやり遂げる事、また、周囲の人たちとのコミュニケーションを大切にすることを心がけています。

今後も、社内や取引先からの信頼を得られるように努力したいです。

今後、挑戦していきたいことを教えてください。

取引先との打ち合わせの場で、コストダウンの交渉においては、まだまだ未熟な部分があります。積極的に研修やセミナーなどに参加して知識を増やしたり、経験をさらに積んでいくことで、会社のコストダウンに繋がるような交渉能力を磨いていきたいです。

いずれは、会社にとって利益となるような新規の製作会社を自分の力で見つけたいです。

MADOKA 最後に、不二輸送機工業を希望の皆さんにメッセージをお願いします!

不二輸送機工業には、幅広い年齢層の社員がいますが、自分のような若い社員の意見にも耳を傾けてくれる会社です。
やる気さえあれば、早くから大事な仕事を任せてもらえますし、自分のやりがいを見つけられる会社です。
産業用ロボットに少しでも興味がある方は、是非見学に来てください。

PAGE TOP
不二輸送機工業のマイナビ・リクナビよりエントリーする