PAGE TOP

VOICE

社員の本音

自ら設計した設備を世の中に送り出したいと思った

栗田 剛

技術部 機械設計課|山口大学 大学院

MADOKA 今のお仕事内容を教えてください。

私は物流システムの機械設計を担当しています。製品を搬送させるためのコンベヤ又は、製品を掴むためのロボットに取り付けたハンドなどの設計業務をメインで行っています。

学生時代の専攻を教えてください。

私は機械工学を専攻しており、研究内容としてはロボットに視覚を持たせるという研究を行っていました。

同じ形状のものが乱雑に置かれているものの中からロボットで把持させるために、一番近くにあるものを判別させるというソフトの作成を行っていました。

MADOKA 不二輸送機工業に入社を決めた理由を教えてください。

ロボットに携われる職に就きたい

私は就職活動を行っていく中で、必ずロボットに携われる職に就きたいと考えていました。

不二輸送機工業ではロボット業界の中でも高いシェアがありしますし、ロボットに関する知識も多く得られっると思い入社を決めました。

MADOKA お仕事の中で、印象に残っているエピソードを教えてください。

長くトラブルを引きずった案件があり、不具合対応のために対策を何度も行いましたがなかなか解決せず、現場にも何度も解決案を探っていました。

その後無事トラブルが解消した時には大きな達成感を味わうことができました。

MADOKA 仕事の中でのこだわりや、心がけていることは?

失敗を糧にして

仕事をしていく上で全てが成功するということはまずありません。必ず失敗することがでてくるので、その失敗を糧にすることを心がけています。

その失敗の経験値が多ければ、新機器を設計しなければならないという局面にあたっても、 注意しなければならないポイントをより多く発見できるようになるかと思います。

今後、挑戦していきたいことを教えてください。

現状一台の機器を作図するために労力と時間が大きくかかっています。標準的な機器であれば、右から左へと流せば終わりといった流れを作り、その空いた時間で難易度の高い設備の設計にチャレンジしていきたいです。

MADOKA 最後に、不二輸送機工業を希望の皆さんにメッセージをお願いします!

機械を設計していく上でこれまでにないような構造が必要な場合、「自分はこう考えているのでこのような構造で進めていきたい」と説明し納得してもらえれば、自分の思い通りの機械を設計することができるような会社です。
このようなことに楽しいと感じられる人には向いている会社だと思います。

PAGE TOP
不二輸送機工業のマイナビ・リクナビよりエントリーする