PAGE TOP

VOICE

社員の本音

無借金経営で堅実な会社

柴田 智弘

総務部 経理課|北九州市立大学

MADOKA 今のお仕事内容を教えてください。

縁の下の力持ちとして

不二グループの経理業務を担当しています。具体的には月次決算業務、本決算業務、資金繰り管理、各種支払手続きなどです。またその他業務では、経理システムを主とした会社システムの管理、運用や、会社の衛生管理者など経理以外の業務も担当しています。

学生時代の専攻を教えてください。

会計学を専攻していました。企業は利害関係者に対して経営成績や財務状態を表すために財務諸表を作成しますが、各企業によって費用や収益のタイミングや、売上の計上方法など様々な違いがあります。その違いについて、どのようなメリット、デメリットがあるのかであったり、日本と海外の会計基準の違いなど研究していました。

MADOKA 不二輸送機工業に入社を決めた理由を教えてください。

無借金で堅実な経営

ニッチな業界ですが、トップシェアを誇っていることに魅力を感じました。

また無借金で堅実な経営を行なっているのと、中小企業なので、1つの業務ではなく幅広い業務に関われるのではないかと考えたためです。

MADOKA お仕事の中で、印象に残っているエピソードを教えてください。

会社全体の流れが把握でき、発見も数多くあり、大きな経験に

2016年4月より購買、販売、会計が相互に連携したシステムを導入してますが、そのプロジェクトのシステムリーダーとして立ち上げに尽力しました。

それまでとはまったく違う仕事で、経理以外の部分で知らないことも多くありましたが、会社全体の流れが把握でき、発見も数多くあり、大きな経験となりました。

MADOKA 仕事の中でのこだわりや、心がけていることは?

謙虚な姿勢で、相手の立場にたって

経理や総務部というのは直接的に製品に関わるわけではなく、会社にとって縁の下の力持ち的なポジションなので、謙虚な姿勢と、頼まれ事などした場合には極力手早く、確実に作業することを心がけています。その際に自分本位ではなく、相手の立場にたってデータ作成など行うように気をつけています。

今後、挑戦していきたいことを教えてください。

システム導入を行いましたが、まだまだ活かしきれていないのが現状です。システムについて習熟し、仕事を素早く、正確にこなせるようにしていきたいです。また経理としては、知識や経験は一朝一夕で身につくものではないので、色々なことに興味を持ち、着実に力をつけていきたいと思っています。

MADOKA 最後に、不二輸送機工業を希望の皆さんにメッセージをお願いします!

大企業で小さな歯車になるか、中小企業で大きな歯車となるかは人それぞれだと思いますが、やりたい仕事が明確でない人ほど、幅広い業務に関われる中小企業があっているのではないかと思います。

PAGE TOP
不二輸送機工業のマイナビ・リクナビよりエントリーする