PAGE TOP

VOICE

社員の本音

ロボットの滑らかな動きに惹かれました。

商品開発部(生産システム工学専攻)

MADOKA 今のお仕事内容を教えてください。

他社に類をみない、特殊仕様のロボット開発

商品開発部で現行フジエースの改善を行っています。入社一年目から弊社の主力製品であるフジエースを担当させてもらっていることを誇りに思いながら毎日仕事をしています。

さらなる信頼性の向上やフジエースが稼動する環境や、お客様の仕様に合わせた追加装備の検討や開発を行っています。特に特殊仕様のロボットの開発は、他のロボットのみを製造しているメーカにはない仕事です。

様々な仕様に対応するということは難しいことですが、それに耐えうるロボットを作ることはやりがいでもあります。

学生時代の専攻を教えてください。

高専本科5年間は機械工学科、専攻科に進学してからは生産システム工学専攻でした。生産システム工学専攻では本科の機械工学を基礎として、電気工学と制御情報工学も学ぶ複合学科でした。

高専では実践教育も大切にされていたので座学だけでなく実習工場で加工を行ったりもしました。また本科では材料力学実験室に所属し、生体の衝突実験をFEM解析を通しておこなっていました。

専攻科では伝熱工学研究室で気液界面の分子の運動を数値シミュレーションで解析していました。

MADOKA 不二輸送機工業に入社を決めた理由を教えてください。

宇部高専で開催された合同会社説明会で不二輸送機工業のことを初めて知りました。人事の方に物品の貸し出しについて尋ねられて、私が対応したのがきっかけです。

もともとロボットにはあまり興味はありませんでしたが、人事の方と出会ったのも縁だと思い、会社説明会に参加しました。

実際にフジエースの動くところを見てみると私のロボットイメージからはかけ離れており、とてもスムーズで柔らかい動きで「面白いな」「自分もつくってみたい」と感じました。

加えて、地元山口県で働きたいという希望もあったことから入社を決めました。

MADOKA お仕事の中で、印象に残っているエピソードを教えてください。

開発担当として認められた瞬間

他部署の方に「フジエースのことは野原君に言えばいい」といってもらえた時に、とてもうれしく感じました。商品開発部のフジエース担当として認めてもらえたと実感できた瞬間でした。

はじめはフジエースのことも会社のことも全くわからない状態で周囲の方に迷惑もかけて、お世話になりっぱなしでした。何度も組み立て工場に行って実物を見たり、ロボットを組み立てる感触も体験しながら勉強してきました。

丁寧に教えていただいたお返しをこれから作っていくロボットでしていきたいなと思います。

MADOKA 仕事の中でのこだわりや、心がけていることは?

更なる進化を目指して

部品を実際に手に取ってみること、とにかく明るく元気に仕事をすることを心がけています。

設計には3DCADを使っており、PCさえあれば部品もロボットの全体像も見える環境にはあります。しかし、部品の作り方とか、ほかの部品との組み合わせでPCのデータ上では現れない誤差や表面の状態があります。年間数百台製造するロボットなのでそのばらつきも実際に目で見て経験値として積み重ねることが重要だと感じています。

あとは元気に明るく仕事をすることで、皆さんに話しかけてもらえます。たくさんの人から情報をもらうことで仕事のヒントにもなりますし、誰でも元気な人のほうが仕事を頼みやすいと思います。

あの人に仕事を頼みたい!とかあの人なら任せられる!といってもらえる人間になることを目指しています。

今後、挑戦していきたいことを教えてください。

今でもロボットパレタイザとしては日本一のフジエースを、さらに進化させていきたいと考えています。

単にいい部品をつけたり、良いセンサを使ったりするだけではなく、自分のアイディアによって少しでも使いやすくなったり、信頼性が向上するような工夫をしたいと考えています。

近年ではロボットに限らず、ソフトウェアが担う価値の部分は大きくなっています。そんな中で機械屋さんとして、少しでも形状や材料の使い方を工夫することでより良いものを作るということに挑戦していきたいと思います。

MADOKA 最後に、不二輸送機工業を希望の皆さんにメッセージをお願いします!

ものづくりが好きな人や、自分で何でもやってみたい人にピッタリの会社だと思います。中規模の会社ならではで、1つの部品を作るだけにとどまらずロボット全体や設備全体を自分の意見をもって設計することができるからです。チームでする仕事でも若い社員の意見をしっかり聞いてもらえることも弊社の特長だと感じます。できることが多い分勉強することはたくさんありますし経験も必要ですが、やりがいにもつながります。やる気があればいろいろなことに挑戦させてもらえる会社だと思います。

PAGE TOP
不二輸送機工業のマイナビ・リクナビよりエントリーする