PAGE TOP

VOICE

社員の本音

ニッチな分野でNo.1の会社

FMS 第一営業部(経済学部 企業経営学科)

MADOKA 今のお仕事内容を教えてください。

パレタイジングロボット設備の提案営業を担当しています。不二の場合、多くはロボットの単品売りではなく、パレタイジングシステムとしての販売になります。

お客様の工場に行って現場状況やレイアウトを確認し、お客様に合わせた提案をし、注文を取るのが仕事です。私の場合は自分でCAD図面を描く場合が多いです。

学生時代の専攻を教えてください。

企業経営学科でしたが、私の大学は学科が違っても好きなゼミに入ることが出来たので、ゼミでは主にエネルギー問題や地政学などの社会学の方を学んでいました。

その後卒業論文では「同族企業の強み」について書きました。通常あまりいいイメージのない同族企業ですが、実は知名度の高い大企業もそうであったり、100年以上続いている企業にも多く見られたりといった部分に着眼し、どこに強みがあるのかを研究しました。

MADOKA 不二輸送機工業に入社を決めた理由を教えてください。

チャレンジさせてもらえる社風に惹かれ

私は就職活動時の企業を選ぶ基準を「ニッチな分野でNo.1の会社」という風に考えておりました。

世間ではあまり知られてなくとも、特定の分野においては絶対的に強い企業というのが実は沢山ありますので、そういった強みをもった会社なら不況に負けず継続していけると考えました。

不二輸送機はパレタイジングロボットのパイオニア的存在でシェアNo.1企業であり、いろいろチャレンジさせてもらえる社風にも惹かれ不二輸送機にお世話になることを決めました。

MADOKA お仕事の中で、印象に残っているエピソードを教えてください。

お客様に自分の仕事が評価された!

土のう(川の氾濫時に水をせき止める時等に使われる砂を詰めた袋)という不安定な形状の製品をロボットで積み付けるという案件で、不二としてもあまり実績のない製品だったので、現場で上手く積み付け出来ず苦労しました。積み方等を工夫し、かなり時間はかかりましたが何とか上手く積み付けられるようになりました。

そうした姿を見てお客様の社長から「次も絶対山田君から買うから、辞めんなよ」と言われた時は、自分の仕事が評価されたと感じ、非常にうれしかったです。

MADOKA 仕事の中でのこだわりや、心がけていることは?

お客様にとって最適なご提案を

せっかく高価なロボットを購入して頂いても提案次第で、使い勝手が悪かったり、要求を満たせないといったケースも出てきますので、客先の工場の建屋、コンベア等のレイアウトやヒトやモノの動線を事前に確認し、最適のレイアウトや運用方法を提案するようにしております。

また小さな案件でも納入時の工事にも出来る限り立会い、売りっぱなしにならないように心がけております。

今後、挑戦していきたいことを教えてください。

現在の主力製品も市場にかなり浸透しており、今後は伸び悩む可能性があります。今後は既存の製品にこだわらず、お客様のニーズを拾い集め、新しいものにどんどんチャレンジしていきたいと思います。その中で不二の新たな主力製品が生みだせればと思っております。

MADOKA 最後に、不二輸送機工業を希望の皆さんにメッセージをお願いします!

不二輸送機は若い内からどんどん仕事を任されますし、やりたい事は手を上げればほとんどやらせて貰えます。
自分次第で、いろいろチャレンジできるので、仕事の範囲は広いですが、やりがいはあります。是非一度説明会にお越しください。

PAGE TOP
不二輸送機工業のマイナビ・リクナビよりエントリーする